【トレード事後録】不死鳥になった話をしよう〜ビットコイン買ったってよ〜

ども。仮想通貨童貞のユーマだ。
うん?元童貞?誰しも最初は童貞だろうが。

実は、仮想通貨童貞は数年前に卒業した。

これから、俺が仮想通貨童貞を捨て、不死鳥と呼ばれる男になった経緯をどんどん書いていくので、仮想通貨童貞のお前ら。

You! Check it out!

おいじい話はよーく考えてから食いつきなさい!

2014年12月某日 @渋谷のとあるカフェ

ハルト
この間の子どうなった?
ユーマ
えっ?どの子?
ハルト

いや、合コンでお餅、、、あっ!これ俺が聞きたかった事じゃないわ!w

ハルト

本題だ。仮想通貨って知ってる?

ユーマ
何それ?どこの通貨?電子マネーとか?
ハルト
いや、なんだろう。今は価値ないけど、いつか電子マネーみたくなるのかな
ユーマ
えっ、今は何なの?
ハルト
株?みたいなやつかなぁ
ユーマ
株かぁ、んでその“カソウ通貨”がどうかしたの?
ハルト
買わない?
ユーマ
んじゃ、暇だし一時間調べてみて買うか決めるわ~

~1時間後~

ユーマ
いくら買う予定なの?
ハルト
10万くらいかなぁ
ユーマ
まあ、そんなもんだよな。じゃあ俺,、20万買うわ
ハルト
お前すげーな!笑

こんな些細な会話から俺は貯金をぶっこんで仮想通貨、
ブロックチェーンをはじめ、経済、ITを学び、
やがてどんなに仮想通貨で金を溶かしても、大損しても、
女の子にこっぴどく振られても、不死鳥の如く蘇る男となった。

素人ならば行動あるのみ

そんな流れでハルトと一緒に仮想通貨を購入することにした。当時は、取引所じゃなくて販売所しかなかったから、とりあえず名前でbitFlyerを選んで、登録した。

だが、ここでトラブル発生。ネットの情報少なすぎだろ!というくらいに、当時は仮想通貨の優良な情報なし。販売所での購入方法も不明だった。

よって、bitFlyerに直接電話!笑

受付の人が男の人で、ハルトと二人でガン萎え。世の中のベンチャー的なとこの受付は可愛い女の子と相場が決まってるだろうがぁぁ!と発狂したが、購入方法はしっかりと分かった。

仮想通貨の勧誘受けてから1か月後、ハルトと電話しながら20万円分のビットコイン購入。(1BTC ≒ 34,000円)

今では考えられないかもしれないが、約7BTC(当時約23万8000円)を保持した(笑)

gdgdのビットコイン

下に図を載せたんだが、ビットコインの値段が上がったのはつい最近のことで、まじで株よりダメダメだと思ってたわ。

約2年間は、正直利益ないし、20万捨てたと思った。ハルトは誘ったくせに、「ユーマに言ったから俺も10万捨てたな~」なんて言われたのが2015年12月の忘年会。

※2015年1月~2017年12月には様々なイベントがありましたが別の投稿で書くわ!

時は過ぎ 金が成る成る 秘密の木

結論ですが、最初に購入した20万円は最終的に約100倍の2,000万円になりました(笑)億り人届かず。

まあいいタイミングで売りさばけたね。図を見れば分かるけど、めっちゃ安いときに買ったことになります。いや、ホントにこんな儲けられるとは思っていなかったよね。

ハルトは10万円が1,200万と言ってました。価格が上がり始めてからのハルトの手のひら返しは半端なかったです。

俺の仮想通貨の投資内容については、思い出しながら書ける限り書くから楽しみにしといてくれよな!笑




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です