【仮想通貨入門者向け】仮想通貨の用語集

はじめに

仮想通貨の知識を深める上で重要になるのが、基礎知識。このページでは重要単語をまとめていきます。

用語一覧

裁定取引。同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。
株価等のチャートが、大きく下落(上昇)した後、その反動で一気に戻した場合にできた形。「離れ小島」のように見える形状から名付けられている。
取引所の仲介なしで仮想通貨取引を行う事が可能になる仕組み。
ビットコイン以外の暗号通貨(価値記録)の総称。Alternative Coin(代替のコイン)の略である。
ビットコインに次ぐ、時価総額No.2の暗号通貨。ブロックチェーンにスマートコントラクトを記述し、非集権型の取引を実現している。

詳細:イーサリアムとは

銘柄が暴騰してから一斉に飛びつく行為、または投資家のこと。畑のイナゴが稲穂を食い荒らすためにワラワラと集まり食い散らかしていく姿を揶揄している。
株主優待や配当などで、保有しているだけで利益を得られる仕組み。
仮想通貨を管理するための財布を指す。オンラインのホットウォレットとオフラインのコールドウォレットに大別される。

ホットウォレットは、スマホアプリやブラウザアプリ、取引所アプリのウォレットのこと。 利便性に優れているが、セキュリティ面が不安視されている。

コールドウォレットは、インターネットと完全に切り離されたウォレットのこと。ペーパーウォレットやハードウェアウォレットがある。

無料で仮想通貨を配布する活動のこと。転じて、無料で仮想通貨を得るための方法もエアドロップと呼ぶ。

詳細:「エアドロップ」解説

商取引の際、信頼の置ける第三者を仲介させて、取引の安全を担保する第三者預託のこと。マルチシグネチャ技術を活用することで、売買の当事者同士でエスクローを行うことができる。
トレードなどの投資活動で資産1億円を達成した人のことをいう造語。仮想通貨の誕生によって億り人が増加し、言葉として認知された。
複数のマイニングされたブロックのうち、システムによって弾き出されたブロックのこと。ブロックはチェーンの最後尾につくが、複数のマイナーが存在するためオーファンブロックが発生する。
テクニカルを無視した、相場や有価証券の価格の行き過ぎた変動。相場や有価証券の価格は、需給関係により、短期的に実体からかけ離れた価格になるケースがある。仮想通貨においては、実体価格が不明確なため、変動があってもオーバーシュートとは言えない。
ブロックチェーン技術のアップデートのこと。仮想通貨NEMでのカタパルトが話題になっている。

詳細:カタパルトとは

将来的な値上がりを信じ、握力を強めてストロングホールドすること。「ガッチリホールド」又は「ガチでホールド」するの略。
学術的な会議や研究会、協議会、検討会などのこと。 CEOや開発者の発言が材料視されやすい。仮想通貨に関する検討や議論の発表にも用いられている。
市場トレンドに逆らった売買。
株や証券の売買を行うことで利益を得ること。仮想通貨売買はキャピタルゲインに分類される。
アルトコインと比較し、時価総額が低いマイナーコインのこと。ボラティリティが高く、ハイリスクハイリターン。日本の取引所では扱っていない。
企業が保有する強力なマイニングシステムの一部を使用しマイニングを行うこと。最先端の専用機器や設置スペース、電気代を負担する必要がないことで、ソロよりもハードルが低い。
国内最大の仮想通貨取引所。取り扱い通貨数が多い。

詳細:コインチェックとは

異なる規格のネットワークをつなぐ機関(機器)のこと。仮想通貨と法定通貨間の決済や送金規格を結びつける役割を果たす。

詳細:ゲートウェイとは

ブロックチェーン上で一番最初に作られたブロック。ビットコイン創始者の中本哲史により作成された。
仮想通貨を空売りすること。
ビットコインのブロックは 1MB の情報量で構成されているが、今のブロックサイズではビットコイン取引が増加すると 1MB では対応ができなくなってしまう可能性あると危惧されている。
仮想通貨取引所で取り扱っている仮想通貨のBidとAsk(買値と売値)の差額の事。スプレッドが小さいほど仮想通貨の売買で利益を出し易い。
互換性のある仮想通貨のアップデート。仮想通貨の機能・仕組みを問題なく使えるように引き継いだまま、より性能の良くアップデートさせる事。
既存のブロックチェーン技術で発行した独自コインの事。特徴としては「発行者が存在していて、供給量を発行者が操作できる」点。発行して流通させた発行元のビジネスが成功し、成長して人気をあげていけば市場価値が上昇する。
個人がオリジナルのトークンを発行し、構成される経済圏の事。トークンエコノミーの経済圏内で発行されたトークンで有料コンテンツが利用出来る など、様々なサービス・報酬を得ることが出来る。
高値圏から大暴落したチャートを、世界最大級のナイアガラの滝に形容したスラング。
ビットコインの取引時に毎回生み出される 32桁の数字列のこと。全てのビットコイン取引を区別するためにナンスが全取引で発行される。
ブロックチェーンを繋ぐネットワークの接続ポイントになるコンピュータの事。
互換性のない仮想通貨のアップデート。機能・仕組みは引き継がずに、より性能の良い新しいものへアップデートする事。
採掘速度のことで、ハッシュ関数とよばれる演算を 1秒間でいくつ処理できるかを示す値。仮想通貨ではブロックチェーンを使った売買や送金に絡むデータの流れが真正かどうか、第三者がコンピューターで暗号を解きながら検証する作業(マイニング)の処理速度の事。ハッシュレートが高いほど、仮想通貨の報酬(マイニング報酬)を得られる可能性が高まる。
ブロックチェーンにおける一つの形成状態のこと。中央管理者が存在しないため、許可なしにブロックチェーンを管理することができる。

詳細:パブリックチェーンとは

銀行やビットコイン等の異なる台帳を繋ぎ、簡単に送金するようにするための規格。ブロックチェーンや銀行ネットワークでの採用が期待されており、接続の簡易化が見込まれている。

ブロックチェーンに最新のブロックを追加する作業のこと。マイニングはプルーフオブワークの一部。

詳細:プルーフオブワークとは

過去の安値から構成される抵抗線(ここよりは上がったり、下がったりしないと人々が予想するライン)よりも取引価格が高くなる(安くなる)こと

詳細:ブレイクアウトとは

相場が下方へのブレイクアウト直後に、上昇方向へ価格が反転すること。仮想通貨の相場を理解する上で重要な概念。

詳細:ベアトラップとは

マイクロペイメントを可能にする技術のこと。0.001円の決済など、これまでにできなかった金額での決裁を可能にする。

詳細:ライトニングネットワークとは

英語

マイニング専用の電子的回路(集積回路)のこと。 FPGAの100倍のハッシュパワーを持つとされている。
GPUよりもパワー効率や使いやすさに優れている。 より最先端の電子的回路(集積回路)としてASICがある。

資金調達したい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨トークンを発行・販売し、資金調達する行為。 ハイリスクハイリターンで投機的側面が強い。

銀行やビットコイン等の異なる台帳を繋ぎ、簡単に送金するようにするための規格。ブロックチェーンや銀行ネットワークでの採用が期待されており、接続の簡易化が見込まれている。

Lapps = Lightning appsの略。ライトニングネットワークを活用したアプリのことである。

詳細:【仮想通貨の単語】Lappsとは

特定の仮想通貨を煽ることで、意図的に価格を釣り上げる行為。Pump後に、売り抜けることはDump。
中央サーバを用意せず個々の端末(パソコンなど)がお互いに信頼しあうことで成立するネットワークのこと。ほとんどの仮想通貨ではこの P2P が使用されている。互いの端末間で管理するデータの正しさを証明することが難しかったが、ブロックチェーンを導入することでこの問題を解決した。
ブロックチェーンシステムを利用して既存の金融機関の為にコスト削減システムを作り出そうという団体の事。世界各国の企業が参加しており、日本の3大メガバンクも参加。

ビットコインの最小の通貨単位。0.00000001BTC=1Satoshi。由来は、ビットコインの技術論文著者である中本哲史。

銀行やビットコイン等の異なる台帳を繋ぎ、簡単に送金するようにするための規格。ブロックチェーンや銀行ネットワークでの採用が期待されており、接続の簡易化が見込まれている。

Unspent Transaction Output」の略。ブロックチェーンに記録されているがまだ使われていない仮想通貨の合計を表す概念で、ブロックチェーンを理解する上で重要なキーワード。

詳細:【仮想通貨の単語】UTXOとは

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です