【翻訳】イーサリアムとは何だ?公式サイトを翻訳してみた【初心者向けの解説付】

イーサリアムって結局何なの?を知るには、公式ホームページの説明を理解するのが早い。

https://www.ethereum.org/

ただ、ご存知の通り、公式ホームページは英語だ。今回は頑張って日本語になおしてみる。

さあスタート!(日本語部分だけ読んでもらえれば、OKです)

Build unstoppable applications:イーサリアムは、止まることのないアプリケーションを構築する

Ethereum is a decentralized platform that runs smart contracts: applications that run exactly as programmed without any possibility of downtime, censorship, fraud or third-party interference.

イーサリアムは、スマートコントラクトとアプリケーションを動かす分散プラットフォームである。ダウンタイム、検閲、詐欺、そしてサードパーティの干渉の可能性なしに、プログラムどおりにアプリケーションは実行される。

These apps run on a custom built blockchain, an enormously powerful shared global infrastructure that can move value around and represent the ownership of property.

これらのアプリケーションは、カスタマイズされたブロックチェーン上で実行される。(カスタマイズされたブロックチェーンとは)非常に強力な国際的に共有されたインフラのことで、価値の移動を実現し、財産の所有権を示すことができる。

This enables developers to create markets, store registries of debts or promises, move funds in accordance with instructions given long in the past (like a will or a futures contract) and many other things that have not been invented yet, all without a middleman or counterparty risk.

開発者は新しい市場を作ったり、債務や約束の記載を保管したり、仲介人やカウンターパーティリスクなしに(遺言や先物契約などの)過去に与えられた指示や未発明の多くのものを伴った資金を移動できるようになる。

The project was bootstrapped via an ether presale in August 2014 by fans all around the world. It is developed by the Ethereum Foundation, a Swiss non-profit, with contributions from great minds across the globe.

イーサリアムプロジェクトは2014年8月、世界中のファンが参加したイーサのプレセールを経て始動(ブートストラップ)した。このプロジェクトスイスの非営利団体であるEthereum Foundationが開発したものであり、世界各地の偉大な人々が寄与している。

補足(IT専門用語、いっぱいでてくるよ)

On traditional server architectures, every application has to set up its own servers that run their own code in isolated silos, making sharing of data hard. If a single app is compromised or goes offline, many users and other apps are affected.

On a blockchain, anyone can set up a node that replicates the necessary data for all nodes to reach an agreement and be compensated by users and app developers. This allows user data to remain private and apps to be decentralized like the Internet was supposed to work.

従来のサーバーアーキテクチャでは、すべてのアプリケーションが独立したサイロだった。そのため独自のコードを実行する独自のサーバーをセットアップしなければならず、データの共有が困難である。1つのアプリが危険に侵されたりオフラインになったりすると、多くのユーザーや他のアプリが影響を受けるのだ。

ブロックチェーンでは、誰もがすべてのノードに必要なデータを複製して契約を結ぶことができ、ユーザーやアプリ開発者がノードの補償も行える。これにより、ユーザーデータはプライベート状態を保つことができ、インターネットのようにアプリケーションを分散させることができる。

どうだろう?しっくり来ただろうか?

Translate Again:もっかい日本語のパートだけ繰り返すよ

イーサリアムは、スマートコントラクトとアプリケーションを動かす分散プラットフォームである。ダウンタイム、検閲、詐欺、そしてサードパーティの干渉の可能性なしに、プログラムどおりにアプリケーションは実行される。

 

これらのアプリケーションは、カスタマイズされたブロックチェーン上で実行される。(カスタマイズされたブロックチェーンとは)非常に強力な国際的に共有されたインフラのことで、価値の移動を実現し、財産の所有権を示すことができる。

 

開発者は新しい市場を作ったり、債務や約束の記載を保管したり、仲介人やカウンターパーティリスクなしに(遺言や先物契約などの)過去に与えられた指示や未発明の多くのものを伴った資金を移動できるようになる。

 

イーサリアムプロジェクトは2014年8月、世界中のファンが参加したイーサのプレセールを経て始動(ブートストラップ)した。このプロジェクトスイスの非営利団体であるEthereum Foundationが開発したものであり、世界各地の偉大な人々が寄与している。

 

どうだろう?しっくり来ただろうか?

Comments:分かりやすく解説するよ

専門用語いっぱいなので、それらを知らない人からすれば、なんやねん。となる内容だったかと思う。

なので、専門用語は使わず、順を追って解説していこうと思う。専門用語を知りたい人は下をチェック!

注意

専門用語は使わないと言ったが、ブロックチェーンだけは、知っている前提で進めさせて頂く。分からない方は、ブロックチェーンの解説記事を読んでね!

Step1: イーサリアムは、ブロックチェーンの上で動くプラットフォームである

まず、これがイーサリアムの全体像である。公式サイトの説明の始めの部分で説明されているとおりだ。

イーサリアムは、スマートコントラクトとアプリケーションを動かす分散プラットフォームである。

勘違いされがちだが、イーサリアムはブロックチェーンではなく、プラットフォームである。要注意だ。

  • イーサリアム ≠ ブロックチェーン
  • イーサリアム = プラットフォーム on ブロックチェーン

※プラットフォームとは、何かを動かすための土台となる環境のこと。すでに一般用語化していると思うが、念のため。

Step2: ブロックチェーンの上で動くプラットフォーム(イーサリアム)は、すごく便利な次世代型の契約取引を可能にする

次世代型の契約取引は、俗に言う「スマートコントラクト」のことである。ただ、ここでは、イーサリアムはすごく便利な次世代型の契約取引を可能にするとだけ認識してもらえればOK。

公式サイトでは、この部分で説明されている。

イーサリアムは、スマートコントラクトとアプリケーションを動かす分散プラットフォームである。ダウンタイム、検閲、詐欺、そしてサードパーティの干渉の可能性なしに、プログラムどおりにアプリケーションは実行される。

ここで重要なのは、「プログラム」に従ってアプリケーションが実行されるという部分だ。プログラムのお陰で、便利な取引が実現される。

サードパーティとは

第三者のこと。アプリケーション関連だと、iPhoneアプリのプラットフォームを提供しているApple社は、サードパーティである。

あと、ダウンタイムはIT用語だけど、良くない時間だと認識しておいてくれればOK

Step3: すごく便利な次世代型の契約取引可能にするが広まり、様々なリスクなしにお金を動かすことができるようになる

説明箇所は次の通り。

開発者は新しい市場を作ったり、債務や約束の記載を保管したり、仲介人やカウンターパーティリスクなしに(遺言や先物契約などの)過去に与えられた指示や未発明の多くのものを伴った資金を移動できるようになる。

これがイーサリアム(プロジェクト)の基本思想である。いかがだっただろうか。

おわりに

今回はイーサリアムプロジェクトの存在意義などを紹介したが、より細かな部分(特に技術)は、ホワイトペーパーというものにまとめられている。

イーサリアムホワイトペーパー

https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BJapanese%5D-White-Paper

この内容は、ものすごく難しいので、時間をかけて解説していく模様だ。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です