Dappについて説明しよう〜一夫多妻制、それは男の夢〜

よう、俺だ。不死鳥ユーマだ。

今日は以下の海外情報記事で話したDappについて説明するから、

「儲かる仮想通貨を見つけるコツ」を少しでも掴みてえなら、要チェックだ!

【海外情報】中国最大のゲームプラットフォームにDappsチェーンが採用!ツムツムのブロックチェーンゲームができるかも?

分散型、それは男の夢だ

Dappは「ダップ」って読むぞ。読み間違えもダサいから間違えないように。
普通に複数系のSをつけて、Dappsと呼ぶこともある。

DappとはDecentralized Applicationの略で、直訳すると「分散されたアプリケーション」だ。
この「分散」は仮想通貨やプラットフォームだけじゃねえ、これからの世界を生き抜く上で超絶大事なポイントだ。

今までは価値、信頼などは政府、企業などに「集中」していたんだ

それがブロックチェーンをはじめとする様々な技術の登場により、「分散」していく。
一夫多妻制が世に認められる時代がくるイメージだ。(男の夢だろ?)

この話は別の機会に話すとして、今回はDappとは何か?
それででどんなことができるのか?
どんな儲け話があるのか?説明していこう。

Dappとは○○○○○○の技術の応用だ

Dappとは直訳すると「分散されたアプリケーション」だったな。
日本語できちんと言えば「分散型アプリケーション」だ。

これまでのアプリケーションつうのは「集中型」だ。
例えば銀行を思い浮かべてみよう。
めちゃくちゃ雑な絵だが、こんな感じだ。

銀行っつー、1つの場所に情報、金、取引が集約されていく。
でも分散型はちがう。

個人同士、組織同士で分散するイメージだ。

これにより、価値や金の流れが早くなるし、今まで銀行に集中していた金が分散される。
個人や組織に儲けのチャンスがあるわけよ。

Dappはなぜ実現したかって?

これを知ればお前はイーサリアムを買いたくなる。

Dappはブロックチェーンの技術だ。
さっき説明した通りだが、Dappは「価値」「金」「取引」が分散している。
つまり、個人間でのやりとりが「言った言わない」で揉めないように、
信頼される取引ができる環境でなければならないわけだ。

なんか聞いたことないか?

スマートコントラクトだ。

基本用語解説(仮想通貨、スマートコントラクト)

ここで読者諸君に知恵を授けよう。
スマートコントラクト技術を活用してDappは作られている。

スマートコントラクトを作ったブロックチェーン界隈のドンは誰か?イーサリアムだ。

こうやって、イケてる技術を生み出すプラットフォーム界の仮想通貨は価格が上がるんだ。

これが「儲かる仮想通貨を見つけるコツ」の1つだ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です